カテゴリ:かみのけのこと( 8 )
まじめにやってます
秋田みやげに買ってきたきりたんぽを、今更食べたら恐ろしく堅くて、アゴが痛いカミキリムシです


こんばんわ


あれですね、ちょっと暖かくなってきて、散歩日和じゃないでしょうか


ふと、このブログももう三年も続いている事に気付きました
よくやっているものです
読んで下さっている皆さんがいて、ここまで続いて来れました
あ、ブログだから読者がいなくても続くんですね


三年やってきて辿り着いた境地は、不満、愚痴、妬み、罵詈雑言・・・
とにかくくだらない内容しかないという事です
いわゆるグダグダです
しかしこれで喜んで読んで下さる仕方のない方達もいるから驚きです

最初は美容師らしい事も書かないとなぁ、と思って右側にもあるカテゴリに「かみのけのこと」なんて作りましたが、完全に放置状態です
他の美容師さんのブログなんか見ると、ちゃんと役に立つ事書いている人も大勢います
しかし、今更当ブログの方向転換を測るのも容易ではありません


そこで考えた苦肉の策が、もう一つブログを作る、となりました


http://morebeauty.exblog.jp/


ヘアケア、デザイン、スタイリング・・・etc
我々が日々勉強している事、研究している事を書いて、皆様のビューティーファッションがより楽しくなればな、と思っております

ホントは裏側や苦労、努力の押し売りをあまりしたくないんですけどね


あいかわらずこのブログは不満、愚痴、妬み、罵詈雑言など満載なブログとして続きますが、これからもよろしくお願いします


でわでわ


名古屋、栄の美容室 dwarf
http://www.dwarf.jp/


dwarfのまじめなブログ
http://morebeauty.exblog.jp/


デザイナー ナツミのBlog
http://otibi.exblog.jp/
[PR]
by tk_kondo | 2010-03-03 13:03 | かみのけのこと
期間延長
朝からヨーグルトを食べながらくしゃみをして、部屋の中で惨事を起こしたカミキリムシです


こんにちわ


営業じみた内容で申し訳ありません
3月から行っているNewトリートメントのキャンペーン、かなり好評ですのでより多くのお客様に体験をしていただきたく、今月一杯まで延長しております
http://www.dwarf.jp/info/index.html


この「クォリア」は京都にあるCOTAさんというメーカーで、関西地区では口コミの評判がかなり良く気になっていました
今回ご縁があって取り扱わせていただいております
まだ名古屋では取り扱いも少なく、このメーカーさん、ディーラーさんでもあるので決して一般市場に出回りません

dwarfではトリートメントは、サロンケア以外にホームケアもしないとあまり意味がないと考えております
しかしながら、美容院でやるトリートメントと、ホームケアを買うと結構な価格になってしまう事実
なんとかもっと窓口を広げれないかと思い、ホームケアをセットにした価格設定にしてみました
通常サロントリートメントが¥3,675、ホームケアが¥2,625ですが、セット価格で¥4,725でご提供します
そしてキャンペーン期間はさらに¥3,675です
毛質やスタイルに合わせてしっとりとふんわり
まだ体験されていない方はぜひぜひ


ではでは

http://www.dwarf.jp/info/index.html
[PR]
by tk_kondo | 2008-04-07 13:23 | かみのけのこと
美容師の髪型
猫に噛み付かれ、はさみで指を切り、雑誌で指を切り、満身創痍な手をしているカミキリムシです

こんにちわ


名古屋も今週末が花見のピークのようですね
明日は雨かもしれないようですし
そういえばまともなお花見って行った事がないかもしれません
花粉症人が昼間に外でご飯を食べたりするなんて、罰ゲーム以外なにものでもありませんから

先日、前の会社のスタッフが髪を切りにきて下さいました
ありがたい事に、結構ちょこちょここういうことがあります
同業者の髪を切るのは、やはりこちらとしてもいつもとは違った緊張が得られます
その人のレベルの高い評価はもちろん、その周りの同業者の評価、そのお店のお客様の評価などを気にしながらデザインしていきます

BLANCOにいた頃もスタッフの髪を切っていましたが、スタッフのヘアスタイルというのは、ある種、洋服屋でいうディスプレイみたいなものだと思っています
あんな感じにしたいなー、あんな風にかわいくなりたいなー、という欲望を持たせるための・・・

なので、お客様を切る時よりも、自分の主観を多く入れてデザインする事も多いです
そのとき自分がいいと思うライン、こんなのみんなやってほしいなー、こんなのも実際に実物見るとなかなかいいんだけどなー、って感じを出していきます
まぁもちろんスタッフの要望も聞いての上ですが
美容師さんたちは、そんなお客様からの視線を考えて、スタッフや自分のヘアデザインを考えるといいかもしれません
こんなカラーを押していきたい!、パーマをもっと楽しんでほしい!、ってのがあるのであれば、まずはスタッフが実際にやってみる
実物を見るのは一番説得力ありますからね

とかなんとか偉そうな事言っておりますが、いい加減に伸ばしっぱなしのわたくしの髪の毛もなんとかしないといけません
誰か切って下さい


でわでわ
[PR]
by tk_kondo | 2008-03-29 13:56 | かみのけのこと
朝シャン派? 夜シャン派?
最近は暇ができると近所の古本屋巡りをしているジジくさい趣味を持ったカミキリムシです


こんばんわ


大概の人が毎日しているだろうシャンプー
朝する人と夜する人、両方するなんて人もいらっしゃる事でしょう

どちらの方が良いのか

スタイリングの観点から考えると、間違いなく朝シャンの方がきれいに決まります
そもそも寝癖というのは、濡らさない限り直す事がかなり難しいものなんです

頭皮の事を考えると、これは人によりけりです
乾燥気味の頭皮の人は朝シャンをすることで、必要な油分を取りすぎてしまう事もあります
乾燥が気になる人は(カユミが多い人が当てはまる可能性があります)夜シャンプーをすることによって、寝ている間の皮脂の分泌の助けを得る事が出来ます
よっぽどじゃない限り皮脂の出やすい夏場は朝シャンでもいいと思います

ただ、頭皮に関しては自分では見えない所だし、わからない人は美容師さんに尋ねてみる事をお勧めします

あとスタイリング剤を多くつける人などは寝る前に流す事をした方が良いです
スタイリング剤で髪が傷む事はありませんが、つけっぱなしで寝る事でダメージにつながる事もあります

ちなみにわたくしは朝晩両方洗います
風貌のせいで汚そうに見られる事が多いですが、意外にきれいにしてます
[PR]
by tk_kondo | 2007-05-29 20:59 | かみのけのこと
弘法筆を選ばず
最近、3分くらい前に考えていた事も忘れてしまうほど脳細胞が破壊されているカミキリムシです

こんにちわ

先日、おニューなハサミを購入した事を書きましたが、美容師さんは様々なハサミを使っている事かと思います

自分は前の職場の長年の方針でほとんど一本のハサミで仕事をしてきました

今日は道具についてです

普通のハサミでも長さや厚みなど様々なタイプがありますが、大まかに分けると普通のハサミと、すきばさみに分けれるでしょう
それにレザー(カミソリ)が加わるくらいでしょうか

どの道具も一長一短があるので一概にこれはダメという事はありません
ただ使い方や髪質に対しての選択を誤ると、ダメージやまとまりの悪さにつながります

その代表的なのがレザーと、すきばさみでしょう

レザーは最近はあまり使っている美容師さんは少ないと思いますが、あれは髪の表面を削ってしまうので下手に使うと枝毛製造機になってしまいます

すきばさみも乱用すればパサパサのドライな質感になってしまいます

しかしデメリットばかりではなく、どうしてもその道具でしか出せない質感もあるので一概にその道具を使う事がいけない訳ではないと思います

現に自分もベリーショートであまりにも髪の毛がしっかりしすぎてる人には、すきばさみでわざとドライな質感や傷ませて動きをつけやすくする事があります

あと時間が早く済みますね

自分はやはりカットの段階では極力素材を傷めたくないので、ハサミ一本で「切る」という行為を応用して行う事がほとんどです
時間はかかりますけどね

ようは素材に対しての対応力+求めているデザインへの手段の選択が大切
こう切ったらこうなる
そんな単純なものではないんですから

自分の髪質にあった、髪質を生かしたカットをしてくれている美容師さんかどうか
とても大切な事です


ではでは
[PR]
by tk_kondo | 2007-05-10 18:51 | かみのけのこと
抜いたらダメ!?
最近、三島由紀夫にはまってどんどんディープな世界や表現を求めるようになってきてしまった社会不適合者のカミキリムシです

こんばんわ


歳を重ねていくと避けられないのが髪の毛の弱体化と白髪ですよね

自分も家系のせいか若いときから白髪が多い方で、高校くらいには結構な数があったのでもう青春は終わりなのかな、と思ってしまいました

よく「白髪は抜くと増える」という事を耳にした事があると思います

果たしてこの都市伝説(?)は本当なのかどうか色々調べてみました

まず結論としては「増える事もある」、という所ではないでしょうか
ようするに必ずではないが可能性はあるということです

白髪というのは何らかの理由で毛穴の中にあるメラノサイトが働かなくなり、色素を形成しなくなってしまう事で白髪になります

髪の毛は毛穴から一本だけ生えているのではなく、1〜数本同じ毛穴から生えています
髪を抜く事で毛穴を損傷させる事があり、その結果メラノサイトにも影響を及ぼし同じ毛穴から生えている他の髪の毛まで白髪になる事があるのでは、といわれています

そもそも毛穴や頭皮を傷めるというのは、白髪にならなくても髪の毛や地肌に悪影響を及ぼす可能性があるのでやっぱり抜かない方が良いと思います

まれに白髪で、根元が黒くて中間〜毛先が白髪というのを見た事がある人もいると思います
あれは白髪から黒髪に戻っている、わけではなくて完全な白髪になりかけているヤツです

白髪が見えると、どうしても老けた印象に見えてしまって嫌な人も多いと思いますが、できるだけハサミなどで根元の方から切るようにしてあげて下さい

また白髪に関するネタはちょこちょこやろうと思います

ではでは
[PR]
by tk_kondo | 2007-04-22 23:32 | かみのけのこと
色モチ
今月頭に前髪を作って早くも伸びてきてうっとうしさを感じているカミキリムシです

こんばんわ

今回はヘアカラーをされる方がよく言われる「カラーがすぐ抜けてしまう!」という事についてお話ししたいと思います

通常のヘアカラーは明るくする場合であれば元の髪の色素を壊して明るくしつつヘアカラーの色素を入れていきます

暗くするカラーリングはヘアカラーの色素を髪の毛に入れていきます

色が抜けるというのはこの色素が髪の毛から出てしまう事なんですね

なので色が抜けきってしまうと地毛の色素だけが出てきます
ヘアカラーをして時間が経つと明るくなってくるのはこのためです
元々赤みが強い髪の人は時間が立つと赤みが出てくるのもこのためです

まず髪のダメージ度が高い人は抜けやすいです
ダメージしている髪の毛というのは穴がたくさんあいているようなものなので、そこから色がこぼれてしまいます

さらに色の種類によって抜ける原因が違います

大きく分けて暖色系(赤やオレンジやピンクなど)の色素は「色素の脱落」という原因です
反対の寒色系(アッシュやゴールドやマットなど)の色素は「色素の分解」です

暖色系は「脱落」とあるとおり文字通り色が抜け落ちてしまいます
主な原因としては洗髪などで髪を濡らした時に起こります

寒色系は熱による「分解」です
ドライヤー、紫外線、コテやホットカーラーなどが原因として挙げられると思います

対策としては暖色系カラーの場合、当日はできれば髪は洗わない方が定着率は良くなると思います
寒色系は前述したコテやホットカーラーの使用を(特にコテ)最初は控えた方が良いと思います

あと各メーカーからカラーリング専用のシャンプーなどが出ていますが、あれは効果があるのか?

結論としてはやはり違いはあります
カラーは最初の一週間が一番不安定なのでその時期に通常のシャンプーでは洗浄力が強く、Phも低めなので色が抜けやすくなってしまいます
はじめの一週間だけカラーリング専用のものを使う事をお勧めします

せっかく高いお金をだしてやったヘアカラー

僕らも薬のチョイスや塗り方、前処理などで色持ちが良くなるように行っていますが、カラーリングを行った後の日常のケアも少しだけ変えてみてみて下さい

ではでは
[PR]
by tk_kondo | 2007-03-23 22:23 | かみのけのこと
ダメージレス
夕食にシチューが出てきたのですが、入ってた器が中華ドンブリで最初は何の食べ物かわからずとまどったカミキリムシです

こんばんは

せっかく美容師としてブログもやっているのだから、髪の毛やヘアデザインの事にも触れた内容の事を今後もちょっとやっていきたいと思っています

基本的に自分は気に入ったヘアデザイナーに出会えたのであれば任せるという選択肢で良いと思いますが、ある程度の知識を持っておくもの良いのではと思います(ほんとにある程度でいいですよ)

自分も他の業種とコラボレートしたり、クライアントとして依頼をする時に、まったく知識ゼロで関わるよりも多少の事は知っている状態のほうが良い結果や良い付き合いを出来た経験も多数あります(知ったかぶりやあまりにも入り込むのはまずいとおもいますが・・・)

そんなわけであまりディープになりすぎない程度に皆さんにヘアデザインに関わる事をお伝えしていこうと思っています
中には僕のお客様ではない人たちが読んでくれているかもしれないので、正しいサロンやデザイナーさんを見極める基準にしていただければ、と

別にこれを覚えてほしいとかじゃないので「ふ〜ん」、程度に軽く読んでくださいね
まずはよく聞かれた事や質問の合った事などから紹介していきます


「傷まないパーマやカラーはないの?」

僕らが教えてほしいくらいです

パーマやカラーというのは髪の毛そのものを膨潤(キューティクルを開く事)させ、薬を髪の毛の中に入れ込み、化学反応によって髪の中の構造を壊したり変えたりするので、結論を言えば現状では100%ダメージしないパーマやカラーはないのです

よく美容院の広告などにパーマ(カラー)のメニュー紹介で、ダメージしません、とか傷みません、なんて書いてあったりしますが・・・・・
正直言ってあれはどうかと・・・・

ただ薬の種類や施術の仕方によって、同じモノでもダメージ度合いは違うことはあります
それもたくさんの種類があるのでここでは紹介しませんが、参考迄に基本的な薬の種類で髪が傷む度合いを書いてみます

・ブリーチ(カラー) > ・縮毛矯正 > ・デジタルパーマ > ・ストレートパーマ > ・パーマ(チオ系) >・ヘアカラー(アルカリ) > ・パーマ(シス系) > ・中性パーマ > ・微アルカリカラー > ・カーリング剤(パーマ剤) > ・酸性カラー(マニキュア)

多分ほとんどの美容院で使用している薬やメニューをダメージが大きい順に並べるとこんな感じだと思います
メーカーによっては多少前後する箇所もあるかもしれません

ただしこれはバージン毛(何も化学処理を行っていない髪)に施術した場合なので、例えば同じ髪の毛にパーマを頻繁に(月に一回)かけるのを続ければストレートパーマを一回するのと同等のダメージになります

メーカーさんもがんばってより良い薬を開発していってくださるので昔に比べれば大分ましになったと思います
もちろん先述したように施術の仕方でもダメージ度合いは変わってきます
ただくどいようですがまったく髪にダメージがない方法はないという事です(ものによっては手触りはかえってよくなったりするものもありますが、中身は変化をしています)
あとは美容師さんの薬と髪の毛の構造の理解度と上手な使用の仕方次第ですね

でもあまりにもダメージをネガティブに捉えすぎないでほしいなぁと思います
だってヘアデザインはやっぱり見た目も大事だから、それを手に入れるためにどうしても避けては通れないのですから
ただ傷み過ぎは見た目も悪くなってしまうのできれいに見える範囲内でデザインを楽しんでほしいですね

素敵なヘアデザインと質感を損なわないダメージ

そのバランスを自分も大切にしています

メーカーさんにも、もっとがんばっていいものできるの期待してま〜す
[PR]
by tk_kondo | 2007-03-03 03:41 | かみのけのこと
トップ

しがない散髪屋の脳内補完
by tk_kondo
カテゴリ
全体
dwarfの日々
かみのけのこと
休日
旅ログ
店作り
about me
未分類
以前の記事
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31